誰もがNCDに向き合える包摂的な社会の実現に向けて
誰もがNCDに向き合える包摂的な社会の実現に向けて
誰もがNCDに向き合える包摂的な社会の実現に向けて

非感染性疾患*と向き合える
包摂的な社会の実現に向けて
~NCDsと生きる人とともに~
*NCDs: Non-communicable diseases

NCDアライアンス・ジャパン(NCD Alliance Japan)の”NCD”は、NCD(National Clinical Database)様の許諾を得て、使用しています。

2021.12.07
Events
【開催報告】NCDアライアンスジャパン「患者・当事者プラットフォーム」プロジェクト 第1回アドバイザリーボード会合(2021年11月9日)
2021.12.01
News
【講演報告】「第7回日本NP学会学術集会〜診療看護師 (NP) の真価を問い、新たな価値を創造する〜」(主催:日本NP学会、2021年11月20日、長崎市・オンライン)
2021.11.30
Events
【開催報告】循環器病対策推進プロジェクト「循環器病対策における地域発好事例の共有~全国均てん化に向けて~」第1回アドバイザリーボード会合(2021年9月29日)
2021.11.26
Events
【申込受付中】(オンライン開催)循環器病対策 推進プロジェクト グローバル専門家会合「国際潮流と日本の循環器病対策 ~均てん化に向けた打ち手・心疾患対策の視点から~」(2021年12月8日)
2021.11.19
Events
【申込受付中】(オンライン開催)第1回 NCDアライアンス・ジャパン患者・当事者向けセミナー「当事者の声を政策に反映させるために」(2021年12月7日)

@NCDJpnのツイート

What’s NCD

NCDとは

非感染性疾患(NCDs: Non-communicable diseases)とは、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患・メンタルヘルスをはじめとする慢性疾患をまとめて総称したものです。NCDは世界の全死亡における最大の死因であり、日本においても喫緊の課題となっています。

What’s NCD

NCDとは

What’s NCD
What’s NCD
非感染性疾患(NCDs: Non-communicable diseases)とは、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患・メンタルヘルスをはじめとする慢性疾患をまとめて総称したものです。NCDは世界の全死亡における最大の死因であり、日本においても喫緊の課題となっています。
What’s NCD

活動概要

  • NCDアライアンス・ジャパンは、包括的かつ疾病横断的なNCD対策をさらに促進すべく、日本国内のNCDに関連した患者・当事者リーダーを含めた産官学民のステークホルダーが集まるプラットフォームとして以下の事業を展開していきます。

活動概要

政策提言・患者・当事者支援・調査・研究

NCDアライアンス・ジャパンは、包括的かつ疾病横断的なNCD対策をさらに促進すべく、日本国内のNCDに関連した患者・当事者リーダーを含めた産官学民のステークホルダーが集まるプラットフォームとして以下の事業を展開していきます。

参画団体募集

メンバー募集

NCDアライアンス・ジャパンの活用にご賛同、ご協力いただける患者・当事者の皆様を募集しています。

当事者の声

当事者の声
2020.12.08

難病を持つ人が生きやすい社会は、誰もが生きやすい社会に繋がる

新井 美子
難病カフェ おむすび代表
当事者の声

ご自身が難病を持ち、ソーシャルワーカーとして働きながら運営する「難病カフェ おむすび」は、難病患者同士が悩みや情報を共有する場として活用されています。COVID-19感染拡大後は、オンラインの難病カフェを実施。誰もが生きやすい社会に向けて、患者自らが語る活動を広げていきたいと展望される新井様にインタビューしました。

当事者の声
2020.11.12

当事者の立場で脳卒中予防を広く啓発、患者・家族の「生の声」を届ける

川勝 弘之
日本脳卒中協会 副理事長
当事者の声

保険会社の支社長であった2004年に脳梗塞を発症し、2カ月の入院・リハビリを経て職場復帰。正しい知識を広げることの重要性を痛感し、脳梗塞経験者として講演活動を開始されました。さらに日本脳卒中協会と共同で啓発活動を展開する中で、同協会の副理事長に就任。また本年、厚生労働省 循環器病対策推進協議会の委員を務められるなど、当事者の立場で精力的に活動されている川勝弘之様にお話を伺いました。

当事者の声
2020.06.15

「希少・難治性疾患」領域のマルチステークホルダーをフラットにつなぐ

西村 由希子
特定非営利活動法人 ASrid (アスリッド) 理事長
当事者の声

化学者のバックグラウンドを持ち、産学連携・技術移転のスペシャリストとして文部科学省の技術参与に就任。NPO法人PRIP Tokyoを経て、「希少・難治性疾患分野における全ステークホルダーに向けたサービスの提供」を目的とするNPO法人ASridを設立し、理事長としてグローバルに活動されている西村由希子様にお話をお伺いしました。

インタビュー一覧

gotoTop