NCDとは

NCDとは

非感染性疾患(NCDs: Non-communicable diseases)とは、世界保健機関(WHO: World Health Organization)の定義では、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒、大気汚染などにより引き起こされる、がん・糖尿病・循環器疾患・呼吸器疾患・メンタルヘルスをはじめとする慢性疾患をまとめて総称したものです。

WHOの統計によると、2015年には、世界で3,950万人がNCDsに起因し死亡し、その数は全死因の約70%にものぼります。国際的にもNCDsの予防や疾病管理を促進する動きは拡大しており、2011年、2014年に続き、2018年には国連総会でNCDsに関する第3回ハイレベル会合が開催され、各国によるコミットメント(誓約)のより一層の拡大を再確認し、持続可能な開発のための2030アジェンダの完遂に貢献することを盛り込んだ政治宣言が各国の首脳・リーダーにより採択されました。

NCDsに関わる世界目標

様々なNCD関連課題に対処するため、2009年に4つの国際連盟(国際糖尿病連盟(IDF: International Diabetes Federation)、 国際対がん連合(UICC: Union for International Cancer Control)、世界心臓連盟(WHF: World Heart Federation)、国際結核・肺疾患連合(The Union: International Union Against Tuberculosis and Lung Disease))によって市民社会の協働プラットフォームであるNCD Allianceが発足しました。約170か国に展開し、約2000もの組織とのネットワークを有するNCD Allianceのミッションは、市民社会を結び付け、強化することを通じて、ステークホルダーが協働した政策提言、働きがけ、説明責任の向上を推進しております。

gotoTop