News&Events

【申込終了】 第82回定例朝食会「医療への市民参画の時代 求められる患者の意識改革」(2019年12月6日)

近年、情報社会の進展や患者の権利意識の高まりを背景に、患者が十分な説明を受けないまま医師の治療方針に従うことが当たり前だった「お任せの医療」から、患者と医療者のコミュニケーションの重視や、患者の自己決定権が尊重される時代へと変化しています。
さらに、今後医療データの管理・利活用等が進み、患者自身が自らの生涯を通じた健康・医療・介護データにワンストップでアクセスし、治療に活かす時代が到来すれば、これまで以上に患者が自身のからだや受ける医療について主体的に考え、医療者と協働していくことが求められるようになります。
また近年、日本における政策の立案・実施過程において、国や都道府県等で開催される審議会や検討会等に患者が参画する機会が増えてきており、患者の求められる役割も変化してきています。

上記を踏まえ、今回の定例朝食会では、山口育子氏をお迎えし、ご講演頂きます。
山口氏が理事長を務める認定NPO法人「ささえあい医療人権センターCOML」では、患者が自立・成熟し、主体的に医療に参加すること、また患者と医療者が対立するのではなく、“協働” する医療の実現を目指し、医療機関を患者の目線で見直す「病院探検隊」や医学教育に参画する模擬患者の育成、そして患者・家族からの電話相談など多岐にわたる活動をしています。
これらの活動の中で得られたご知見・ご経験をもとに、医療へ市民社会がいかに参画するかについてこれまでの歴史を紐解き、今後の展望や患者に求められる意識改革についてお話頂き、会場の皆様と一緒に理解を深めていきたいと思います。

■スピーカー
山口 育子 氏
(認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 理事長)

■日時
2019年12月6日(金)8:00-9:15

■場所
EGG JAPAN(東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル10階)

■参加費
・一般:2,500円
・学生(学部生のみ):1,500円(学生証をお持ちください)
※日本医療政策機構 個人賛助会員は無料となります

■プロフィール
山口 育子 氏
1965年大阪生まれ。自らの患者経験を経て1991年秋、「ささえあい医療人権センターCOML」と出合い、1992年2月COMLスタッフとなり、相談、編集、渉外などに携わる。2002年COMLのNPO法人化とともに、専務理事兼事務局長に就任。2011年8月より理事長。社会保障審議会医療部会をはじめとする数多くの厚生労働省審議会・検討会の委員を務めている。2018年6月20日に『賢い患者』(岩波新書)刊行。

■お申込方法
こちらよりご登録ください。


お申し込みの締め切りは2019年11月29日(金)10:00とさせていただきます。イベント申し込み時点では確定せず、当機構にて抽選の後、結果を2019年11月29日(金)中にお知らせいたします。個人賛助会員の方は、優先的にご案内いたします。
お申込み後に、申込完了メールが届きます。メールが届かない場合は、お手数ですが当機構事務局まで、メール(info@hgpi.org)またはお電話(03-4243-7156)にてご連絡ください。
キャンセルをされる場合、2019年12月2日(月)15:00までにご連絡ください。これ以降のキャンセルにつきましては、参加費を頂く場合がございます。

お知らせ一覧

gotoTop