NEWS

タバコ対策は国民の健康の利益となる-中国は好機を捉えられるか?

一覧に戻る
2014-06-02

World No Tobacco Day 2014(世界禁煙デー2014)を記念して、Sally Cowal氏(American Cancer Society(アメリカがん協会)のグローバルヘルス、シニア副会長)とJeff Sturchio氏(Rabin Martinのシニア・パートナー)による記事が、ハフィントン・ポスト紙に掲載されました。
記事によると、タバコによる健康と経済、喫煙と女性の間の微妙なバランス、職場での喫煙に取り組むイニシアティブに触れ、中国における喫煙に関する複雑な問題を探求しています。

記事の詳細な情報はこちらをご覧ください。

記事では、以下が指摘されました。

・全世界で煙草を原因とする80%の死因が中国における喫煙と受動喫煙のリスク、
・特に若い女性のタバコ市場を拡大する動きがあること
・タバコ関連の医療費よりもタバコ税からの歳入が大きいこと
・現在中国では煙草税が無く、世界比較でも安価であること

これらに対し、政府による禁煙政策実施の必要性、官民連携促進、China-U.S. Smoke-free Worksite initiative (CUSW)という中国の保健省と米国の保健社会福祉省が協働した職場での喫煙に取り組むイニシアティブについて触れられています。

------------------------------------------------
NCD Alliance 
ウェブサイトより


ページトップへ