NEWS

NCD FREEガーナ:グローバルヘルス短編動画

一覧に戻る
2014-04-04


Emmanuel Sanwuok氏は、ガーナのアッパー・ウエスト州の初代NCD地域コーディネーターであり、地域に無料のNCD検診を提供するため精力的にチーム活動しています。動画はこちらをご覧ください。

動画の内容(概要)

・都市化によるライフスタイルの変容
ガー ナでは、51%以上の人々が都市部に住むようになったことで、ライフスタイルが大きく変化しました。農村部での典型的な生活は、身体活動が多い仕事や、伝 統的な健康的な食事です。しかしながら、都市部では、適度な運動を行うことが難しく、飲酒やファーストフードなど脂質の多い食事が増えています。

・途上国におけるNCDの問題の重要性
ガー ナは、感染症とNCD(糖尿病、高血圧、心血管疾患、がんなど)の二重の疾病負荷に直面しています。NCDによって多くの人々が死亡し、経済的にも社会的 にも影響をもたらします。しかしながら、ガーナの保健医療施設では、NCDに対応するために完全なシフトが行えていません。一方先進国では、NCDに罹患 している人々は、より良いケアを受けているのです。

・人々への教育の必要性
NCDは、私たちが現在直面している問題であると全ての人々が理解する必要があります。人々がNCDやそのリスクファクターを理解できる教育を行うことで、人々のライフスタイルを変容させることが可能です。

・保健システムの現状と今後の課題
現 在、ガーナには、糖尿病と高血圧のためのクリニックが各地方自治体に1施設あり、血圧、血糖、BMI(肥満度指数)の検診を実施しています。人々は遠方か らも来院し、サービスを受けています。診療自体は無料ですが、クリニックまでの交通費や検査費用に約30ドルの費用がかかります。これは、ガーナの人々の 月収に相当します。ガーナの貧困状況や、NCDを抱える家族のストレスが想像できるでしょう。

今後、NCDコントロールのためには、保健医療従事者の能力強化、NCDをスクリーニングし管理できる保健医療システムの強化が必要です。
子 供たちの世代が、健康的なライフスタイルの選択ができ、質の良いヘルスケアを受け、NCD FREEな(NCDのない)社会で生活できることを願っています。NCD FREEの詳細な情報はこちらをご覧ください。Emmanuel Sanwuok氏は、ガーナのアッパー・ウエスト州の初代NCD地域コーディネーターであり、地域に無料のNCD検診を提供するため精力的にチーム活動し ています。

動画はこちらをご覧ください。
------------------------------------------------
NCD Alliance 
ウェブサイトより

ページトップへ