NEWS

東アフリカNCDアライアンス・イニシアティブの発足

一覧に戻る
2014-02-21



2014年2月16~17日、Uganda NCD Alliance主催で、East Africa NCD Alliance Initiative(東アフリカNCDアライアンス・イニシアティブ [以下、イニシアティブ])の計画会議が開催されました。

このイニシアティブは、ウガンダ、タンザニア、ザンジバル、ケニア、ルワンダのNCDアライアンスが一つになったものです。地域内の国家NCDアライアンスの協力と、高所得国と低所得国のアライアンスの結束を示す初めての例です。イニシアティブは、Danish development agency(デンマーク開発事業団:DANIDA)の資金提供のもと、Danish NCD Alliance(デンマークNCDアライアンス)のSusanne Volqvartz氏が陣頭指揮を執ってきました。

イニシアティブの全体的な目的は、東アフリカの国家政府におけるNCDの政策的優先度と資源を向上させること、ポスト2015年開発目標におけるNCDの重要性を高めることです。加えて、東アフリカのNCDアライアンスの能力強化と協力の発展も目的とします。

イニシアティブの計画委員会は、ウガンダ、タンザニア、ザンジバル、ケニア、ルワンダのNCD Alliance、デンマークNCDアライアンス、グローバルNCDアライアンス、Framework Convention Alliance(枠組み条約アライアンス)、University of South California(南カリフォルニア大学)、Yale University(エール大学)、Aarhus University(オルフス大学)の3大学からの代表が含まれます。

下記がイニシアティブの活動計画の要約です。
  • 東アフリカにおけるNCD現状報告
  • 東アフリカにおけるNCDステークホルダー会議
    • 報告について議論し、地域のNCD課題の優先順位を定める
  • 東アフリカNCD憲章
    • 地域のNCDに関する活動の提言と優先順位を提示する

東アフリカNCD憲章は、NCDに関する国連の報告と評価、及びポスト2015年の経過に影響を及ぼすために用いられます。


東アフリカNCDアライアンス・イニシアティブの詳細は、こちらをご覧ください。




NCD Alliance ウェブサイトより


ページトップへ