NEWS

  • 2014-05-20

    世界がん研究基金による栄養政策の要約

    World Cancer Research Fund International(世界がん研究基金)は、「Food Policy Highlights From Around The World」(世界における食糧政策のハイライト)に関するパンフレットを発表しました。世界16か国・地域の栄養政策の成功例が述べられています。詳細はこちらをご覧ください。概要:World Health Organiza...続きを読む »

  • 2014-05-06

    健康リスクファクターに関する国連の目標は2025年までに3700万人の死亡を防ぐ

    Lancet(ランセット:世界的医学雑誌)に発表されたImperial College London(インペリアル・カレッジ・ロンドン)による研究は、2010年から2015年の間の健康リスクに関する世界的な目標を達成することにより、NCDによる死亡が削減できると推定しました。詳細はこちらをご覧ください。概要:リスクファクターに関する目標達成がNCDによる死亡削減に与えるインパクトについての研究20...続きを読む »

  • 2014-05-06

    世界喘息デー2014-喘息をもつ全ての人々に医薬品を

    World Asthma Day 2014(世界喘息デー2014)に向けてGlobal Asthma Network(グローバル喘息ネットワーク)は報道発表を行いました。詳細はこちらをご覧ください。概要:世界で3億3,400万人が喘息で苦しんでおり、その数は増加しています。喘息の対策がうまくいかなければ、治療費、生産性の損失、子供たちの教育機会の損失につながります。これらは社会にとって何十億ドルも...続きを読む »

  • 2014-05-06

    各国連機関、妊産婦死亡率に対するこれまでの取り組みの成果と課題を発表

    WHO(World Health Organization、世界保健機関)、UNICEF(国連児童基金)、UNFPA(国連児童基金)、UNPD(国連人口部)、World Bank Group(世界銀行グループ)は、1990年から妊産婦死亡が45%減少したと発表しました。妊産婦死亡の4人に1人以上は、糖尿病、肥満、マラリア、HIVといった既往歴に起因しています。糖尿病や肥満をもつ女性のための統合ケア...続きを読む »

ページトップへ