NEWS

  • 2014-02-27

    WHOの分析:過体重の小児割合への警告

    WHO(世界保健機関)欧州地域事務局によって発表されたレポートによると、WHO欧州地域では過体重が一般化しつつあり、新たなリスクにさらされています。例えば、13歳の27%及び11歳の33%が過体重または肥満です。(WHOによるとBMI25以上が過体重、BMI30以上が肥満とされる)「何が標準かという私たちの認識は変化しており、太っている事が普通になってきました。私たちは、その認識が新しい世代に浸透...続きを読む »

  • 2014-02-26

    ECOSOC(国連社会開発委員会)、NCDの概念を認識

    ECOSOC(国連社会開発委員会)が、高齢化に関するマドリッド国際行動計画 (Madrid International Plan of Action on Ageing)実施において、NCDの概念が認識されました。序文のパラグラフでは、高齢化とNCDの増加の関連が認識されています。パラグラフ11では、高齢者の身体的及び精神的健康ケアを継続していくとともに、特にNCDのための政策とそれに対するアプロ...続きを読む »

  • 2014-02-24

    南アフリカNCDステークホルダー会議

    最近発足したSouth Africa (SA) NCD Allianceは、2月11~12日にヨハネスブルグで「活動への呼びかけ:NCDの蔓延阻止」と題したステークホルダー会議を開催しました。会議はNCD Allianceの「ヘルスシステム強化とNCD活動支援」プログラムの一部で、政府、市民社会、ヘルスケア提供者、産業、アカデミアから90人以上の参加者が集いました。イベントはSA NCD Alli...続きを読む »

  • 2014-02-21

    東アフリカNCDアライアンス・イニシアティブの発足

    2014年2月16~17日、Uganda NCD Alliance主催で、East Africa NCD Alliance Initiative(東アフリカNCDアライアンス・イニシアティブ [以下、イニシアティブ])の計画会議が開催されました。このイニシアティブは、ウガンダ、タンザニア、ザンジバル、ケニア、ルワンダのNCDアライアンスが一つになったものです。地域内の国家NCDアライアンスの協力と...続きを読む »

  • 2014-02-12

    ADIとCompass Group、栄養と認知症に関するレポートを発表

    Alzheimer's Disease International(国際アルツハイマー病協会)とCompass Groupによる共同レポートが発表されました。このレポートは、認知症予防に関連する特定の栄養と認知症への栄養ケアを紹介し、また栄養と他のNCDの関連を強調しています。詳細な情報はこちらをご覧ください。レポートには以下のような内容が記述されています。レポートでは、的確な栄養摂取が認知症に苦...続きを読む »

  • 2014-02-10

    南アフリカ、砂糖税の導入を検討

    現在南アフリカの保健省は、国内の砂糖消費量を削減するために「砂糖税」の施行を支援するかどうかを検討しています。WHO(世界保健機関)の「The Global Cancer Report 2014」では、タバコ、アルコール、そして砂糖入り飲料が原因となり、予防可能ながんが急増していると報告されています。そして、人々が自身の健康への責任を取り、食事とライフスタイルの変容を政府が促すことが重要だとする一...続きを読む »

  • 2014-02-07

    ランセット肥満特集号:投稿記事募集中

    The Lancet Global HealthとThe Lancet Diabetes & Endocrinology(ランセット・糖尿病・内分泌学)は、2014年11月2~7日のObesity Week(肥満週間)中に肥満特集号を発行するため、肥満の全側面、特に肥満予防に関する投稿記事を現在募集しています。提出期限は2014年7月31日です。■詳細はこちらからご確認ください。...続きを読む »

  • 2014-02-04

    エチオピアのファーストレディ、世界がんデーでエチオピアのがん予防・対策について演説

    世界がんデー(World Cancer Day(※1))を知らせるミーティングで、エチオピア(※2)のファーストレディであるRoman Tesfaye氏は、がん予防とコントロールのために活動する主要なステークホルダーを2014年2月3日に首相官邸に結集しました。70人を超える招待客は、保健省大臣、科学技術省大臣、女性・青少年・スポーツ省大臣、国会議員、UNFPA(国連人口基金)、UNAIDS(国連...続きを読む »

ページトップへ