FACTS

  • 2013-12-03

    Global Health 2035の開始

    ランセット誌は、Commission on Investing in Health(健康への投資に関する委員会)による新しい主要なレポートである「Global Health 2035: A World Converging within a Generation  (Global Health 2035)」を発表しました。1993年に発表された「World Development...続きを読む »

  • 2013-11-18

    UNDP、「NCDの社会的決定要因への対応」ディスカッションペーパーを発表

    主に心血管疾患、糖尿病、癌および慢性の呼吸器疾患が含まれる非感染性疾患(NCD)は、もはや世界で最も差し迫った健康上の課題の1つであるだけでなく、世界の開発問題にとっても重要な課題です。NCDは、社会的・経済的発展を阻害し、広く「社会的決定要因(Social determinants)」として知られている基本的な社会的、経済的、政治的、環境的、文化的な背景に影響を受けています。健康の専門家との協力...続きを読む »

  • 2013-10-24

    世界がん研究基金インターナショナル、肥満予防及び健康的な食事のための効果的な政策についての2点の出版物を発行

    世界がん研究基金インターナショナルは2点の新しい出版物を発行しました。法律と肥満予防:公衆衛生の重大な問題に取り組む 肥満と食事関連NCD予防のための総合的食品政策: NOURISHING フレームワーク 両出版物とも肥満予防と健康的な食事のための効果的な政策の幅広い実施を促進するという点で共通のテーマを共有しています。「法律と肥満予防」の出版物は、肥満予防のためのより効果的な食品政策を促進するメ...続きを読む »

  • 2013-10-16

    2013年9月:第68回国連総会のハイライト

    2013年9月、ニューヨークの国連本部で第68回国連総会が開催され、世界の指導者、政策立案者、そして市民組織のアドボケーターらが参加し、NCDを含む様々な議論を行いました。※NCD Allianceは、NCD(非感染性疾患)をグローバル開発アジェンダに据えるための注目を集めるイベントを共催しました。ポスト2015年開発目標におけるNCD Allianceのビジョンはこちら。...続きを読む »

  • 2013-10-03

    NEJM(ニュー・イングランド医学雑誌)の新しいレビュー:世界的なNCD危機

    David Hunter氏とK. Srinath Reddy教授による、非感染性疾患(NCD)に関する世界的な負荷、課題、緊急なアクションニーズについての新しいレビュー、「21世紀の重要かつ世界的な公衆衛生のチャレンジ(Predominant global public health challenge of the 21st century)」がNew England Journal of Me...続きを読む »

  • 2013-08-16

    世界心臓連合、心血管系疾患 と身体活動に関する新しいインフォグラフィックを発表

    世界心臓連合(World Heart Federation)は、心血管系疾患と身体活動に関する新しいインフォグラフィックを発表しました。心臓発作と脳卒中を含めた心血管系疾患は、年間1,730万人の死因となっています。身体活動は心血管系疾患のリスクを減少させるために重要です。世界心臓連合の心血管系疾患と身体活動に関する新しいインフォグラフィックには、健康的な心臓とより良い生活のための身体活動として以...続きを読む »

  • 2013-07-11

    世界銀行、サハラ砂漠以南のアフリカ地域におけるNCDと交通事故に対する挑戦についてのレポートを発表

    アフリカでは、NCD (循環器疾患、慢性呼吸器疾患・糖尿病・がんを含む)および RTI(Road Traffic Injuries:交通事故による怪我)への負担が急増していますが、これらの重要性は、未だ感染症に比べると認知されていません。例えば2001年から2008年の間、途上国におけるNCD支援額は6倍になりましたが、健康に対する開発支援の全体から見ると、その3%以下となっています。世界銀行によ...続きを読む »

  • 2013-07-04

    【調査報告】『2013年日本の医療に関する世論調査』発表

    2013年、日本医療政策機構では、国民が現状の医療の質・量・費用・意思決定のプロセスをどう捉えているのか、また国民 は今後の社会保障について財源とその配分をどう考えているのか、を明らかにする為「医療への満足度」「医療制度と医療費」「在宅医療と看取り」「社会保障 と税の一体改革」というテーマについて国民の意識を調査しました。調査結果からは、①超高齢社会の進行、②疾病構造の変化、③財源あるいは人的...続きを読む »

  • 2013-07-01

    NCDとは

    NCD (Non-communicable disease)は、WHOの定義によると、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒などの原因が共通しており、生活習慣の改善により予防可能な疾患をまとめて「非感染性疾患(NCD)」と位置付けています。狭義では、がん・糖尿病・循環器疾患・慢性呼吸器疾患が含まれ、これに加え精神疾患や外傷を加えるという意見もありますが、現時点では正式な合意はありません。NCD ...続きを読む »

  • 2013-06-05

    WHO、低・中所得国における小児肥満と低栄養の二重の脅威に関するガイダンスを発表

    WHOが発表した情報によると、多くの低・中所得国において、健康に対し大きな脅威となる過体重や肥満が無視されています。これらの国では、低栄養への取り組みについては政策を行っていますが、過体重や肥満に起因する疾患負担増を停止させる政策は持っていません。過体重児の75%以上が発展途上国に住み、アフリカではこの20年で過体重児がほぼ倍増しています。肥満児は成人期の肥満につながりやすく、糖尿病や他の疾患のリ...続きを読む »

  • 2013-04-11

    BRICS諸国で増加する肥満や糖尿病への対処の必要性

    BRICS諸国では肥満率が増加しており、インフラだけでなく医療費にも焦点を当てる必要が出てきています。...続きを読む »

  • 2013-03-06

    UNICEF最高責任者、ポスト2015年開発目標の健康分野に対する提言を発表

    ボツワナの首都ハボローネで開催された、ポスト2015年開発目標に関する国際会議において、UNICEF最高責任者のAnthony Lake氏は健康分野の目標を掲げ、専門家らに対してそれらの目標を達成するために力を合わせるよう求めました。Lake氏はスピーチの中で、将来の開発目標の案の例として2025年までにNCDによる死亡率25%減を引用しました。...続きを読む »

ページトップへ