FACTS

  • 2014-07-09

    国連NCDハイレベルレビュー:NCDアライアンス事務局長のブログ

    NCD high-level Review - NCD Alliance Executive Director Blog 国連NCDハイレベルレビュー:NCDアライアンス事務局長のブログ7月10~11日にニューヨークで開催されるNCDに関する国連ハイレベルレビューでは、2011年に公表されたNCDに関する国連ハイレベル会合の政治宣言を基に、これまで世界政府がNCDによる負荷減少のために実施した取り...続きを読む »

  • 2014-06-16

    なぜ、世界の疾病負荷と財政支援に格差があるのか

    2011年、77億円がHIV/AIDS、マラリア、結核、母子保健の対策に使われました。一方、保険分野に対する財政支援のうち、NCDへの配分はわずか1.5%でした。Sam Byfield氏が、この財政支援における格差の理由について調査した結果を発表しています。詳細はこちらをご覧ください。概要:Institute for Health Metrics and Evaluation(保健指標評価研究所:...続きを読む »

  • 2014-06-14

    砂糖に対するアクション:英国の炭酸飲料調査

    Action on Sugar(砂糖に対するアクション)では、英国で入手可能な砂糖含有量の高い炭酸飲料がもたらす糖尿病の危険性とその不必要さを強調した調査データを発表し、保健省によって砂糖削減に向けた目標が設定されるべきだと呼びかけました。報道発表はこちらをご覧ください。調査のデータはこちらをご覧ください。概要:調査では、主要なスーパーマーケットから232の砂糖を含む飲料が分析されました。砂糖入り...続きを読む »

  • 2014-06-04

    ウガンダNCD AllianceによるNCDスクリーニングの義務化の提唱

    ウガンダNCD Allianceは、すべてのウガンダ人に対するNCD検査の義務付けを政府に要求しました。詳細な情報はこちらをご覧ください。概要:ウガンダNCD Alliance(UNCDA)が引用する専門家の報告では、未然に防げる症例に対する早期予防と治療へのアクセスが不足しているために、ウガンダの納税者が金銭的な損失を被ると議論されています。ウガンダNCD Allianceの会長であるConst...続きを読む »

  • 2014-06-03

    アクセスが限られている終末期に必要な薬品を求める患者たち

    死を迎える患者に対する疼痛緩和ケアへのアクセスが不足していることは、公衆衛生における緊急事態です。2012年には、1,800万人の人々が不必要な疼痛に苦しみながら亡くなったと推定されており、その多くは開発途上国の患者たちです。詳細はこちらをご覧ください。概要:多くの開発途上国で、死を迎える人々の疼痛緩和ケアへのアクセスが不足アフガニスタンとリビアでは、疼痛緩和を含めた緩和ケアは提供されていません。...続きを読む »

  • 2014-06-02

    European Congress on Obesity、肥満及び肥満政策に関する調査結果を発表

    ブルガリアのソフィアで開催されたEuropean Congress on Obesity(ヨーロッパ肥満会議)にて、C3 Collaborating for HealthはEuropean Association for the Study of Obesity(ヨーロッパ肥満研究協会)と、Obesity: Perception and Policy – Multi-country Review ...続きを読む »

  • 2014-06-02

    タバコ対策は国民の健康の利益となる-中国は好機を捉えられるか?

    World No Tobacco Day 2014(世界禁煙デー2014)を記念して、Sally Cowal氏(American Cancer Society(アメリカがん協会)のグローバルヘルス、シニア副会長)とJeff Sturchio氏(Rabin Martinのシニア・パートナー)による記事が、ハフィントン・ポスト紙に掲載されました。記事によると、タバコによる健康と経済、喫煙と女性の間の微...続きを読む »

  • 2014-05-20

    世界がん研究基金による栄養政策の要約

    World Cancer Research Fund International(世界がん研究基金)は、「Food Policy Highlights From Around The World」(世界における食糧政策のハイライト)に関するパンフレットを発表しました。世界16か国・地域の栄養政策の成功例が述べられています。詳細はこちらをご覧ください。概要:World Health Organiza...続きを読む »

  • 2014-05-14

    WHO、アルコールと健康に関する世界の状況報告書を発表

    World Health Organization(WHO: 世界保健機関)は、“Global status report on alcohol and health 2014(アルコールと健康に関する世界の状況報告書2014)”を公表しました。2012年の世界における死亡のうち3,300万人は多量飲酒(アルコールの過剰接種)が原因であり、これは10秒毎に1人が死亡することに相当します。世界におい...続きを読む »

  • 2014-04-04

    NCD FREEガーナ:グローバルヘルス短編動画

    Emmanuel Sanwuok氏は、ガーナのアッパー・ウエスト州の初代NCD地域コーディネーターであり、地域に無料のNCD検診を提供するため精力的にチーム活動しています。動画はこちらをご覧ください。動画の内容(概要)・都市化によるライフスタイルの変容ガー ナでは、51%以上の人々が都市部に住むようになったことで、ライフスタイルが大きく変化しました。農村部での典型的な生活は、身体活動が多い仕事や...続きを読む »

  • 2014-03-07

    WHO、NCDツールをまとめたポータルを公開

    WHO(世界保健機関)は、WHO Global Action Plan 2013-2020(WHOのNCDsの予防と管理に関する行動計画2013-2020)に含まれる政策選択において加盟国を支援する資料をまとめました。詳細はこちらをご覧ください。ポータルページでは、NCDの主要な疾病とリスクファクター、NCDの予防と対策のための9つの目標、6の目的、主要NCDと25の指標別にまとめられています。こ...続きを読む »

  • 2014-02-27

    WHOの分析:過体重の小児割合への警告

    WHO(世界保健機関)欧州地域事務局によって発表されたレポートによると、WHO欧州地域では過体重が一般化しつつあり、新たなリスクにさらされています。例えば、13歳の27%及び11歳の33%が過体重または肥満です。(WHOによるとBMI25以上が過体重、BMI30以上が肥満とされる)「何が標準かという私たちの認識は変化しており、太っている事が普通になってきました。私たちは、その認識が新しい世代に浸透...続きを読む »

  • 2014-02-12

    ADIとCompass Group、栄養と認知症に関するレポートを発表

    Alzheimer's Disease International(国際アルツハイマー病協会)とCompass Groupによる共同レポートが発表されました。このレポートは、認知症予防に関連する特定の栄養と認知症への栄養ケアを紹介し、また栄養と他のNCDの関連を強調しています。詳細な情報はこちらをご覧ください。レポートには以下のような内容が記述されています。レポートでは、的確な栄養摂取が認知症に苦...続きを読む »

  • 2014-01-28

    WHO/世界緩和ケア連合(WPCA)、終末期緩和ケアの世界地図を発表

    WHOと世界保健機関と世界緩和ケア連合 (Worldwide Palliative Care Alliance:WPCA)は、「Global Atlas of Palliative Care at the End of Life(終末期緩和ケアの世界地図)」を発刊しました。この世界地図は、世界的な緩和ケアのニーズと入手可能性を明らかにした初めての文書です。現在、年間2000万人以上の患者が終末期緩...続きを読む »

  • 2014-01-16

    【調査報告】「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の社会経済的負担に関する調査」

    慢性閉塞性肺疾患 (Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD)) は国内外において疾病負担が大きい疾患として位置づけられ、有病者数、医療費ともに今後ますます増加すると見込まれています。また、職場の労働者にとって良好な労働生産性を保つことが高い心身の健康と関連し、かつ組織の利益につながることが知られる一方、COPDの罹患によって生産性低下がもたらされると...続きを読む »

  • 2014-01-03

    海外開発研究所(ODI)「将来の食生活」レポートを発表

    過去30年間における過体重や肥満の人々の激増を考慮し、Overseas Development Institute (ODI:海外開発研究所)は新しいレポート「将来の食生活」を出版しました。このレポートは、どのように食生活の変化―より多くの脂質、肉類、糖分、食事量―が迫り来る健康危機をもたらしたかについて明らかにしています。このレポートは、いかにこの危機が先進国のみならず、中所得国や発展途上国にも...続きを読む »

ページトップへ