EVENTS

  • 2013-12-05

    【開催報告】「NCD Japan Forum 2013~世界のNCD対策に対する日本の役割とは~」

    日本医療政策機構は2013年11月30日(土)、アカデミ―ヒルズにて「NCD Japan Forum 2013~世界のNCD対策に対する日本の役割とは~」を開催いたしました。日本医療政策機構では2011年より、循環器疾患・慢性呼吸器疾患・糖尿病・がん・メンタルヘルスを対象とし、NCD(慢性疾患)対策推進を支援しています。高齢化等を背景にNCDに対する医療費が高騰するなか、今後は個々の疾病への治療・...続きを読む »

  • 2013-12-04

    宣言から行動へ:グローバル・CVD(心血管疾患)・タスク・フォース

    CVDの世界的負荷を削減する政策的宣言から行動へ:グローバル・心血管疾患・タスク・フォースの声明 ■全文はこちらをご覧ください。...続きを読む »

  • 2013-12-03

    Global Health 2035の開始

    ランセット誌は、Commission on Investing in Health(健康への投資に関する委員会)による新しい主要なレポートである「Global Health 2035: A World Converging within a Generation  (Global Health 2035)」を発表しました。1993年に発表された「World Development...続きを読む »

  • 2013-11-29

    【開催報告】超党派議員勉強会「呼吸器疾患の健康や社会への影響」

    日本医療政策機構は2013年11月28日(木)、参議院議員会館にて「超党派コングレッショナル・ブリーフィング(議員勉強会)」を開催いたしました。先日世界保健機関(WHO)で微小粒子状物質PM2.5の発がんリスクが5段階の危険度のうち最高レベルに分類したと発表されました。これらに起因する肺がんや呼吸器疾患 (慢性閉塞性肺疾患:COPDなど)の患者数が急増しており、喫緊の対策が必要とされる中、本勉強会...続きを読む »

  • 2013-11-21

    保健人材に関するレシフェ政治宣言

    第3回保健人材に関するグローバルフォーラムは、1000以上の保健人材分野の政策立案者、専門家、アドボケーター、最前線のヘルスワーカーが結集する2013年のグローバルヘルスの主要なイベントの一つでした。テーマは「保健人材:ユニバーサル・ヘルス・カバレッジとポスト2015開発目標のための基盤」でした。Global Health Workforce Alliance(保健人材グローバルアライアンス)が、...続きを読む »

  • 2013-10-31

    「NCD Japan Forum 2013 ~世界のNCD対策に対する日本の役割とは~」

    日本医療政策機構では2011年より、循環器疾患・慢性呼吸器疾患・糖尿病・がん・メンタルヘルスを対象とし、NCD(慢性疾患)対策推進を支援しています。高齢化等を背景にNCDに対する医療費が高騰するなか、今後は個々の疾病への治療・対策だけではない新しい戦略が求められています。そこで日本医療政策機構では、NCD Alliance をはじめ国内外の関係者と協力し、NCDに関する国際的な知見を共有・議論でき...続きを読む »

  • 2013-10-16

    2013年9月:第68回国連総会のハイライト

    2013年9月、ニューヨークの国連本部で第68回国連総会が開催され、世界の指導者、政策立案者、そして市民組織のアドボケーターらが参加し、NCDを含む様々な議論を行いました。※NCD Allianceは、NCD(非感染性疾患)をグローバル開発アジェンダに据えるための注目を集めるイベントを共催しました。ポスト2015年開発目標におけるNCD Allianceのビジョンはこちら。...続きを読む »

  • 2013-09-17

    第68回国連総会、開幕

    2013年9月17日より、第68回国連総会が開幕します。世界の指導者、政策立案者、そして市民組織のアドボケーターらが参加し、2015年以降の開発アジェンダを明確にするための議論がなされます。...続きを読む »

  • 2013-08-20

    21世紀における公衆衛生の重点分野についての国際会議:THE ENDGAME FOR TOBACCO

    会期:2013年9月10日~12日開催場所:インド、ニューデリー、Taj Palaceホテル趣旨:世界保健総会で採択された、2025年までにタバコの普及率を30%削減するという目標に向け、世界ではタバコの終局を模索しています。会議では、エビデンスに基づいたコミュニティ・アクションと政策環境を組み合わせ、進むべき道が模索されます。特に、保健セクターを超えたマルチセクターのパートナーシップを構築し、タ...続きを読む »

  • 2013-08-20

    2014年 世界心臓病学会開催:演題募集中

    World Heart Federation(世界心臓連合)は現在、世界心臓病学会2014の抄録提出を受け付けています。学会は2014年5月4日~7日にオーストラリア、メルボルンで開催されます。会期:2014年5月4日~7日開催場所:オーストラリア、メルボルン、Melbourne Convention and Exhibition Centre (MCEC)大会の特徴は以下の通りです。心血管系疾患...続きを読む »

  • 2013-06-25

    WHO、第8回健康づくりの国際会議(Global Conference on Health Promotion)を開催

    WHOはフィンランド社会保健省と協働し、2013年6月10~14日、フィンランド、ヘルシンキにおいて第8回健康づくりの国際会議を開催しました。...続きを読む »

  • 2013-06-03

    第25回国際看護師協会大会にて日本医療政策機構のNCDに対する取組を紹介

    ICN(国際看護師協会(International Council of Nurses / ICN)では、2年毎に開催されるCNR(会員協会代表者会議)に合わせて、4年毎にICN大会とICN学術集会を交互に開催しています。ICN大会と学術集会は、世界各国の看護師が参集する最大の学術大会で、近年は、100カ国以上から約4,000人以上の看護師が参加しています。2013年は、5月18日~23日の6日間...続きを読む »

  • 2013-05-27

    世界保健総会における非感染性疾患分野の議論で大きな成果を達成

    今年の世界保健総会(WHA)では、進行中のいくつかの協議プロセスが終了し、グローバル非感染性疾患(NCD)フレームワークの強力な基盤を設置するなど、NCDにとって節目の年となりました。WHAの開催週中、NCDに関する包括的な決議(omnibus resolution)」の草案について、各国は真剣に議論を始めました。この決議は、主要な決定事項と提言を1つにまとめ、包括的な決議に統合しようとするもので...続きを読む »

  • 2013-04-07

    世界保健デーに伴いWHO神戸センターがイベントを開催

    世界保健デーは、世界保健機関 (World Health Organization: WHO) が設立された1948年(昭和23年)4月7日を記念して制定されました。世界保健デーには、毎年、WHOによって国際保健医療に関するテーマが1つ選ばれ、この日を中心に、世界各国で様々なイベントが開催されます。2013年のテーマは「高血圧」高血圧は、心臓病や脳卒中を引き起こす、非常に重要な要因の一つです。年間...続きを読む »

ページトップへ